アルバイトの履歴書

日本に来てアルバイトの応募で書くことの多い履歴書。ここでは、志望動機や自己PR、学歴・職歴、写真の撮り方など、履歴書の書き方の基本ルールを紹介します。マナーを守って作成することで、印象アップを目指しましょう。

基本の書き方と記入

①日付

面接時に提出する場合は面接日を記入しましょう

②氏名・ふりがな(フリガナ)

「ふりがな」はひらがなで、「フリガナ」はカタカナで記入しましょう。

③生年月日

日付と表記(元号または西暦)を合わせます。

④ 住所

必ず都道府県名から書きます。

⑤ 電話番号・メール

話番号は、携帯か自宅のつながりやすい方を記入します。

⑥履歴書写真

履歴書用の写真は、正面・胸から上です。服装は、私服でOK。プリクラやスナップ写真はマナー違反になるので注意しましょう

学歴・職歴」

学歴を上に、職歴があればその下にまとめて書く。

年号は統一する。

学歴と職歴の間を1行空ける。

⑧免許・資格

免許・資格の名前は明確に書きましょう

記入順は取得年月が古いものから。

⑨自己アピール・志望動機

なぜこの仕事をやってみたいのか、なぜその会社やお店で働きたいのか、採用されたらどんな仕事をしたいのかを記入しよう。

⑩その他希望記入欄

募集職種や勤務地が複数ある仕事に応募する場合は、自分の希望を記入。

そのほか、学校の都合などで勤務できない曜日や時間帯がある場合や、

連絡を携帯電話で受けたい場合などは、その旨記入しておこう。

最後に

すべて書き終わったら、誤字や脱字、記入もれ、汚れ、シミがないかしっかり確認をしましょう。言葉遣いがあいまいな部分は、辞書やネットで調べましょう。内容も採用担当者にマイナスイメージがもたれないかもしれないので、必ずチェックしましょう。