履歴書に必要な添え状の書き方

履歴書を企業に郵送するときは、送付状(添え状/カバーレター)を添えるのがマナーです。ここでは添え状の書き方の基本ルールやマナーをご紹介します。是非ご参考ください。

添え状の書き方 基本ルール

履歴書を企業に郵送するときは、送付状をつけるのがマナー。企業の担当者は「どんな書類が、誰から送られてきたのか」をひと目で把握できます。

ただし、書類を直接企業に持参する場合、送付状は必要ありません。

履歴書の送付状の書き方

紙のサイズ
  • 用紙のサイズはA4※同封する書類の大きさに合わせる
  • 横書きで作成する
日付

日付は西暦、和暦どちらでもかまいませんが他の書類と統一します。日付は記載日ではなく、書類の提出日を書きましょう。

宛名

応募する企業名と採用担当者の所属部署と名前を書く。部署宛の場合は「御中」、採用担当者宛の場合は「様」を付ける。

自分の署名

自分の住所と名前、電話番号を上から順に1行ずつ記入します。電話番号は連絡のつきやすいものを書いておきましょう。

件名

「何の件」での添え状なのかわかるように、「応募書類の送付につきまして」や「履歴書、職務経歴書の送付について」など件名を記すとより丁寧です。

頭語・結語

「頭語として『拝啓』と文頭に入れることで「敬具」で終わります。

あいさつ文

時候の挨拶とせずシンプルに 「貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます」 といった定型文で問題ありません。

本文

文面はテンプレートの通り、「応募書類送付の旨」「面談機会のお願い」「内容確認のお願い」を伝えましょう。

添え状は合否に関係しませんので、自己PRや志望動機を書く必要はありません。

まとめ

正しい体裁のものを同封すれば印象がアップする一方で、書き方を間違えればマイナスイメージになる可能性もあります。ここで紹介するポイントや例文を参考に、書類選考突破に一歩近づく送付状・添え状を作りましょう。