よく使われる就職活動用語

■就職活動とは

日本では学校を卒業したら会社で働きます。働く会社を探すことを就職活動といいます。
就活(しゅうかつ)と省略して呼ぶことが多いです。
下記の記事も参考にしてください。

〇日本の就職活動の流れ
詳しくはこちら

■基本の就職活動用語(きほんのしゅうしょくかつどうようご)

就活でつかわれる基本的な就活用語の説明をします。
就職活動の流れに沿って、じゅんばんに言葉の説明をします。

インターンシップ

企業で行う職業体験のこと。だいたい数週間~数か月単位で行われる。

履歴書(りれきしょ)

学歴、職歴、資格、自己PR、志望動機などを書く書類。

職務経歴書(しょくむけいれきしょ)

主に中途採用の際に必要になる。これまでの職業の経験を詳しく書く書類。

エントリーシート

ESとも呼ばれる。その会社がオリジナルに作成した履歴書。
一般の履歴書に加えて、その会社だけの質問があったりする。

就職活動サイト

サイトに登録されている企業の会社について、や、くわしい採用情報をみることができる。
多くのサイトがあるので、自分の希望する職種にあったサイトを探したり、キャリアセンターの先生に相談したりして決める。

合同説明会/企業説明会/就職フェア

一つの会場にたくさん会社が集まって会社のしょうかいを行う。
※その場で選考を行う企業もあるので、ビジネスの場に合う服装でいきましょう。

キャリアセンター

学校内にある、就職について相談をする場所。
キャリアセンターがない場合は先生に相談をする。

まとめ

基本的な就活用語の説明をしました。
日本だけの就活の流れや言葉に慣れるまでは大変ですよね。
分からない言葉があったときはぜひこの記事を参考にしてください♪