【女性版】面接で好印象を取る髪型

就活の面接において髪型は、第一印象が与える上でとても重要なポイントっ分かってる初めての体験でどうしたいいか悩む方が多いと思います。悩んでいる方、ぜひここで参考してください。

面接の髪型ポイント4

ポイント1黒髪

就活・転職活動の面接では、黒髪が基本です。一部、アパレル業界や広告業界ではヘアカラーをした方も働いていらっしゃいますが、確かにおしゃれではあるのですが面接の際にヘアカラーが入っていると印象が悪くなる可能性が高いため控えることをおすすめします。一般的に面接の際には黒髪、地毛に近い薄い色であることがマナーとなっています。たとえ入社後はヘアカラーで許されている企業でも、黒髪で臨むのが無難です。

ポイント2長い髪はまとめる

髪が長い場合は、髪の毛が顔にかからない事が重要です。後ろで一つに束ねて、すっきりとした髪型を意識しましょう。

普段、ヘアアレンジでおくれ毛を出している人も、面接の時はおくれ毛が出ないように、しっかりと束ねるか、ピンで留めて鬱陶しくならないよう意識しましょう。

ポイント3前髪が目にかからないようにする

ヘアセットをする際に前髪をオールバックにする、サイドに流してしまうなどのヘアアレンジをすることでおでこが見えるようになります。

おでこが見えることであなたの表情が良く見えるようになりますし、明るい印象を作り出すことができます。

また、前髪が目にかかっていないサッパリとした髪型になるため清潔感もアピールすることができます。

おでこを出すということは面接の髪形では非常に重要なポイントになります。

忘れないようにしましょう。 

ポイント4眉毛とおでこの一部や耳を出す

就活・転職活動の面接では、耳も必ず見せるようにしましょう。

耳に髪の毛がかかっていると、視感的に相手の話をよく聞いてない印象を与えてしまいます。

また、おじぎをした時に前髪が顔にかかってしまったり、髪型が崩れたりするのもNG。面接中に髪の毛を直すのは良くありません。もちろん、おじぎをした後に頭を振って髪の毛を動かすのもNG

 

面接で NG髪型

清潔感の無い髪型

ヘアセットをする際も髪を綺麗にまとめるなどしていないとだらしが無い印象、清潔感の無い印象を与えてしまいます。

清潔感を意識して髪のお手入れや、ヘアセットを行うようにしましょう。

おしゃれな髪型はNG

第一印象とか以前の問題で、金髪や派手な髪色,巻きすぎな髪型は採用されるお店が限られてしまいます。それは可愛くても、似合っていてもNGです。

面接の際には自然な髪型であることがマナーになります。

まとめ

就職・転職活動の面接は、どうしても緊張してしまうもの。しかし、きちんとした髪型なら、きっと良い第一印象を与えられるはずです。ぜひ就職・転職活動を成功させてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です