在留資格「技術・人文知識・国際業務」とは?

「技術・人文知識・国際業務(ぎじゅつ・じんぶんちしき・こくさいぎょうむ)」の在留資格について、くわしく説明します。

<目次>

1.「技術・人文知識・国際業務」とは?
2.「技術・人文知識・国際業務」で働くことができる仕事
3.「技術」、「人文知識」の在留資格をもらえる条件
4.「国際業務」の在留資格をもらえる条件
5.「技術・人文知識・国際業務」で働くことができない仕事

1.「技術・人文知識・国際業務」とは?

「技術・人文知識・国際業務」とは、外国人が日本で働くときに最も一般的な在留資格です。
省略して「技人国(ぎじんこく)」と呼んだり、「就労(しゅうろう)ビザ」と呼んだりすることも多いです。

2.「技術・人文知識・国際業務」で働くことができる仕事

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格をもらった人は、それぞれ次のような仕事をすることができます。

「技術」・・・理系の技術や知識を使う仕事

例)システムエンジニア、プログラマー、建築設計(けんちくせっけい)、生産管理(せいさんかんり)など

「人文知識」・・・文系の技術や知識を使う仕事

例)経理(けいり)、人事(じんじ)、営業(えいぎょう)、マーケティングなど

「国際業務」・・・語学や外国文化が必要な仕事

例)通訳、翻訳、語学の指導(しどう)、広報(こうほう)、宣伝(せんでん)、海外との取引(とりひき)をする仕事、デザイナー、商品開発(しょうひんかいはつ)など

※ホテルフロントは「通訳・翻訳」の仕事として申請(しんせい)します。

3.「技術」、「人文知識」の在留資格をもらえる条件

「技術」または「人文知識」の在留資格をもらうためには、次の①~④のどれかに当てはまることが必要です。

①働こうとしている仕事に必要な技術や知識を、大学で勉強して卒業したこと

※母国の大学でも、日本の大学でも良いです。
※短期大学でも良いです。

②働こうとしている仕事に必要な技術や知識を、日本の専門学校で勉強して卒業したこと

※日本の専門学校しか認められません。母国の専門学校はだめです。

③働こうとしている仕事に必要な技術や知識を使って、10年以上働いた経験があること

④決められた「情報処理技術(じょうほうしょりぎじゅつ)に関する資格」を持っていること

※2020年6月現在の「情報処理技術に関する資格」一覧はこちら

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyukan_hourei_h09.html

4.「国際業務」の在留資格をもらえる条件

「国際業務」の在留資格をもらうためには、次の①と②の両方に当てはまることが必要です。

①働こうとしている仕事が、以下のような仕事であること

通訳、翻訳、語学の指導、広報、宣伝、海外との取引をする仕事、服やインテリアのデザイン、商品開発、またはこれらに似ている仕事

②働こうとしている仕事に関係がある業務で、3年以上働いた経験があること

※母国の大学もしくは日本の大学を卒業した人は、働いた経験がなくても申請できます。

5.「技術・人文知識・国際業務」で働くことができない仕事

「技術・人文知識・国際業務」の在留資格では、以下のような仕事をすることはできません。

・ビルの掃除(そうじ)の仕事
・レストランのキッチン
・建築現場の作業員(さぎょういん)
・工場の作業員など

このような仕事がしたい人は、「特定技能(とくていぎのう)」の在留資格で働くことができます。