未払賃金立替制度(みばらいちんぎんたてかえせいど)

■内容(ないよう)

会社が倒産(とうさん)し、給料(きゅうりょう)がもらえないまま会社をやめた人に、もらえなかった給料の一部(いちぶ)を国がかわりに払(はら)ってくれる制度(せいど)です。新型コロナウイルスによる倒産も対象(たいしょう)となります。

※倒産(とうさん)・・・会社がつぶれてしまうこと、もう活動(かつどう)ができなくなり会社がなくなってしまうことです。
※立替(たてかえ)・・・かわりに払うこと
※未払賃金(みばらいちんぎん)・・・もらえなかった給料のこと

■もらえる条件

会社→1年以上(いじょう)活動していたが、倒産(とうさん)してしまった。
働(はた)らいていた人→倒産した日の6か月前の日から数(かぞ)えて、2年の間に会社をやめた人。

■もらえる金額

未払賃金の8割(わり)=80%
最大(さいだい)で296万円。
・毎月(まいつき)の給料と、退職金(たいしょくきん)が対象(たいしょう)です。
・ボーナスは、この制度の対象ではありません。
・未払賃金が2万円より少ない場合(ばあい)も、対象になりません。

 

■問い合わせ先

会社が倒産して、未払賃金があるとわかったら、できるだけ早く、あなたが住んでいる地域(ちいき)の労働基準監督署(ろうどうきじゅんかんとくしょ)、または労働者健康安全機構(ろうどうしゃけんこうあんぜんきこう)に相談(そうだん)してください。

 

■参考資料

・厚生労働省(こうせいろうどうしょう)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shinsai_rousaihoshouseido/tatekae/index.html

 

 

 

・全国の労働基準監督署

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/location.html

 

 

 

 

 

・労働者健康安全機構(ろうどうしゃけんこうあんぜんきこう)

https://www.johas.go.jp/tabid/417/Default.aspx