日本の携帯会社って?

現在携帯電話は必要不可欠なものである。日本には携帯電話会社により、サービスや料金システム、携帯電話の機能も全く異なります。ここでは、日本の携帯電話を購入する際、ぜひ参考してください。

大手の3社

日本では大手通信キャリアの携帯電話、格安SIM、格安スマホに大きく分けられます。日本の大手通信キャリアとしては、

docomo

au

Softbank

とても有名です。

大手会社の契約は通常は最低2年間契約に縛りがあり、契約期間内の解約や更新月以外に解約を行うと、1万円程度の契約解除料の支払いが求められます。毎月の携帯利用料金は7,000円前後です。もし日本滞在期間が2年以上の方、や通話が多い方などなら、大手会社で登録するのをお勧めです。また、大手通信キャリアは学生向けの学割キャンペーンを毎年行っており、大手通信キャリアの学割キャンペーンを活用することで、お得な料金で携帯電話契約することができるはずです。(※学割の利用は、25歳までです。)

どこで契約できるの?

スマホの契約場所は正規ショップ以外にも、家電量販店やスーパー、大型モールやネット申し込みなどなど、様々な契約方法があります

それぞれの会社の正規携帯ショップにいく

携帯ショップとは、auショップ、docomoショップ、softbankショップ

などをさします。

上記の大手3社をはじめ、Y!mobileや楽天モバイルなども、まだ数は少ないですが店舗を構えています

家電量販店・ショッピングモール

○○電機・○○カメラと言った名前の家電量販店などの大型ショッピングモールの中のケータイ屋さん。こちらでもケータイ電話を契約することができます

◇ネットショップ

今までは携帯電話を契約するとき、上記で書いたようなケータイショップや量販店、併売店など、直接お店に行って買っている、と言う方がほとんどでしたが、現在はインターネットで自分で申し込むことができます。

まとめ

多くの人がスマホを買うときに利用することになる、ケータイショップと家電量販店を比べてみました。

どの購入方法にもメリットとデメリットがありますから、よく考えた上で選択して利用しましょう。