住民票とは?

■住民票(じゅうみんひょう)って何ですか?

日本の市区町村が、あなたが今その住所に住んでいることを証明するものです。

■住民票に書いてあること

・氏名
・生年月日
・性別
・住所(今住んでいるところ)
・住民となった年月日
・以前の住所

※希望によって下記の項目をのせることもできます。
・世帯主の氏名と世帯主との続柄
・本籍および筆頭者氏名
・個人番号(マイナンバー)

【言葉の意味】

○世帯主(せたいぬし)
あなたの世帯(一緒に住んでいる家族)の代表者です。一人暮らしの場合は、その人が世帯主です。

○続柄(つづきがら)*(ぞくがら)と読みます。
世帯主との関係です。例えば世帯主があなたの「夫」の場合、あなたの続柄は「妻」です。

○本籍(ほんせき)
あなたの戸籍(こせき※)が登録されている場所です。

○筆頭者(ひっとうしゃ)
戸籍で一番はじめに名前が書かれている人です。

○戸籍(こせき)
日本国籍(こくせき)を持っている人について、氏名、生年月日、出生、結婚(けっこん)、離婚(りこん)、死亡(しぼう)などの情報が記録されているもの。

■住民票はどんなときに使いますか?

運転免許証、パスポート、不動産(ふどうさん)、就職(しゅうしょく)、年金、結婚など、たくさんの手続きで使います。

■どこでもらえますか?

あなたが住んでいる市区町村の役所の窓口です。郵送で申請したり、コンビニでもらったり(マイナンバーカードと暗証番号が必要)することもできます。

■誰が申請できますか?

本人、同じ世帯の人、代理人(だいりにん)です。代理人の場合は「委任状(いにんじょう)」という書類が必要です。

■住民票をもらうときに必要なもの

・本人確認書類(在留カード、マイナンバーカード、運転免許証など)
・申請書(市区町村の役所の窓口で書くか、ウェブサイトからダウンロードもできます)
・委任状(代理人の場合)
・現金(1通300円)